ネギま!サイトでした。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ひとりごととかお知らせとか
やあ(´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
未成年者は飲まないでね。

12/04/04 魔法先生ネギま!は永久に不滅です!
13/08/28 新連載UQ HOLDER!が始まりました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ネギま!コミュニケーションアプリを知らない、もしくは全く興味が無い人が大部分なのでは、と私は感じます。

そこで、そのコミュニケーションアプリがどれだけ浸透しているのかのアンケートをしたいと思います。



内容は、コミュアプをやっているか、また知っているかということについてです。

項目は
・今もやっている
・最近はやっていないが近いうちにまた始めるつもり
・最近はやっていないが何度もやっていた時期がある
・最近はやっていないが少しだけやっていたことがある
・知っているけどやっていない(興味はある)
・知っているけどやっていない(興味がない)
・ネギま!の携帯サイトは知っているがコミュアプは知らない
・ネギま!の携帯サイトを知らない
の8つです。

期間は8/17 23:59:59までとします。

(修正)
あまりにも投票数が少ないため、結果発表は予定通り行いますが、投票は結果発表まで出来るようにします。


アンケート終了後、各項目にポイントをつけて計算します。
ポイントは上から順に、+4~+1、-1~-4、とします。
ポイントの合計値を投票数の合計で割ります。
この結果を今回のアンケートの指数とします。

結果は8/20か21に発表する予定です。
各項目の得票数、ポイントから出た指数、あればコメントを発表します。



ちなみに、ネギま!携帯サイトのURLはhttp://mnm.jp/です。
興味があれば一度覗いてみておいてもいいと思いますよ。






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
長いコメントすみません
はじめまして。このブログを今日はじめて知りました。
気になっていた話の分数話を見て思ったのは、じあしぃさんがすごい観察力をお持ちだということですね。
ただ読んでいるだけでは気がつかないことを、一コマ一コマのがすことなく観察していてすごいと思いました。
過去ログ全ては読めていませんが、時間があるときに読ませていただきたいと思います。
作風が「31人の・・以下略」だけに、キャラ一人ひとりの細かい動きがありますよね。(ネギまの魅力だと思います)
それに着目して調べているというこのページをみて、今まで自分になかった「ネギまの見方」を見出すことができそうです。
もちろん鳴滝双子の使い方のように政策上の都合もあるわけですが、それを考えればこの作業でスタッフの方や赤松さん自信の思考まで読めてきますね。これは某絵日記でも探れないでしょうw


古菲については記事を読み始めてあわてて過去の巻かき集めてこのページと照らし合せてます。
カモ君ランキング(学際初日午後5時)で古菲は12位。鳴滝双子やアキラと同等レベルとなると相当下、圏外ぎりぎりだったわけです。
それが武道会(自分はこの現象すら逃してましたが・・)~を経たにしてもあのランキングの上昇具合はおかしいと思っていたんですが、ここをみてやっとその流れをつかみました。(カモ君のキラーンは見逃しちゃいかんですな)
もともと好きなキャラだったので今後が面白いですね。(まあ最近展開が一定じゃないのでどうなるかは分かりませんが)


私の好きキャラ1位はのどかですが、失格弾ブランクについてはその間の出来事がすごすぎて深く考えていませんでした。
その後の家計図騒動でのどかの台詞は余りありませんでしたし。
その後の懺悔でののどかの発言からして、彼女は失格弾から未来に飛んでしばらく考えていく内にそれらが大きな悩みへと変わったのでしょう。
彼女にとっては一瞬の出来事。その間にできなかったことを後悔するのだから後悔し切れませんよね。
ネギを理解していたか以前の問題です。
時間の跳躍はその点恐ろしいものですね。
まあその後172時間目の「神父様そうでした。がんばります!」からとりあえず前を向けるようになったのは良かったですがね。(漫画のキャラクターと言えど大切なことです)


漫画といえど「人が作った人を主人公にした作品」ですからある意味それは「現実」。
作者の意思について考えることができればそれは現実世界でも役に立つ知識ですよね。

そこで思ったのは、「人によって視点が違って、この世の生物の人数分視点があり、それがあわさって世界ができている。」ということ。ある意味それは怖いものであると思います。
この「恐怖」は自覚しなければそのまま過ごすことができることかもしれませんが、本来はそうあるべきではないのかもしれません。(まあTPOの適宜程度の自覚を超えると生きられないかもしれませんが)

あまりこの話に触れると論争がぶり返すかもしれませんので伏せていうと「ア○ラ」の話です。
これに気がつくかどうか、それが視点の違い。
正直私はこの記事を読むまでこの事実に気がつきませんでした。
これは単に経験やキャラの好みの問題ではないと思います。(実際ゆーなも好きなキャラ第2位ですがあの表情の裏にそういった「1つの捉え方」もできるとすればそれを否定はできないと思います)

実際私にもそういった経験がないわけではありません。むしろ多「かった」ほうの部類の人間です。
では私とあなたで違うものは何でしょう。
それはあなたと一度もお会いしたことが無い私でもハッキリと感じました。
あなたが持っている「物事を観察する目」の力だと思います。
この能力の名を「ポン」とあげれば、この力を持っている人は世の中に大勢いるでしょう。
作中の五月の台詞にもありますが「いかなる手段で手にしたちからもあなたのちから」
しかし私は重要なのは「使い方」だと思います。
あなたは何か物事と深く触れる時、その「重要人物の視点」とそうでない「客観視した場合の視点」の両サイドを使い分けているのではないでしょうか?
この両方を持ち合わせている人間はあまりいないのでは無いでしょうか?
そう思うのはまだまだ未熟な私だからかもしれません。
それでも私はこのシーンを「魔法先生ネギま!のよくあるワンシーン」を見る「眼」でしか見ることができませんでした。
ですから少なくても今の私の世界にはあなたの存在は大きく写りました。
このインターネットも「現実」です。
あなたが私の人生に大きな知識を下さったとこと感謝します。


ちなみに67時間目の夏美の「おいふい」は個人的インパクトがでかくて記憶に深く覚えてます。
そのあとの「どうかしたの小太郎君?」のスマイルは忘れられませんw
これまた個人的な名前の呼びにくさが影響していてトップではありませんが(ケロロ軍曹とD.C.Ⅱ効果などで頭がこんがらがります)
自分的ネギまキャラ・ランキング(パラメーターつき・・以下略)でも上位キャラです。

今後は古菲←→のどか(個人的に「真の一般人は落選、お約束ア○ナ落ち」は物語としてさびしい・・) 夏美←→メイ
(+円?)の関係に期待です。
じあしぃさんも頑張ってください!
2007/08/14(火) 04:59 | URL | kuronekoα-maru- #ICazf28Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
・ネギま! ニュース●アンケート結果考察「ネギま!を読み出したのはいつですか?」 [猫とネギま!と声優さん]今はコミック派ですが、私もラブひなからの流れなので連載当初ですね。●ネギま大喜利:風雅からのお題 [ネ
2007/08/12(日) 05:20:34 | 楓の箱リロLive対戦日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。