ネギま!サイトでした。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/05

ひとりごととかお知らせとか
やあ(´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
未成年者は飲まないでね。

12/04/04 魔法先生ネギま!は永久に不滅です!
13/08/28 新連載UQ HOLDER!が始まりました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっぱり書いておこうと思いました。

魔法先生ネギま!がとうとう最終回を迎えてしまった事に寄せて、ネギま!に出会ってからの思い出を書いてみます。


元々、こちら(オタク)の方面にやや興味はあったものの、気があるという程度でした。
それがこんな事になるとは…


最初にネギま!に出会ったのは2004年のことでした。
と言っても、残念ながらこの時は、それがネギま!という認識はしていませんでした。
「声のクラスメート編」だっけ?の時の、まき絵の仮契約カードの画像を見ていたのです。
で、後からネギま!を知った時にこれを思い出したのですが、なぜ覚えていたのだろう…。
ネットを回っていてたまたま見ただけだったのに…
今考えると、これは運命だったのか…?

2005年、アニメのネギま!は大変な事になっていましたが、OPの曲であるハッピー☆マテリアルも盛り上がっていたみたいですね。
そんな中始まった、ハピマテを1位にする運動を、確か、ゲーマーズのHPでたまたま見かけたのですよ。
そこから、その運動の発信源である、2ちゃんねるのスレに流れ着き、定住を始めました。
ハピマテスレは運動終了後はしたらばに移動し、残った人たちでまったり過ごしていました。
まだネギま!本編は読んでいません。

ある時、何らかの流れで、「ネギま!で遊ぶ」を知りました。
ちょうどその頃は、「毎日がネギま!」だったかな?という企画をやっていて、すごかったですねえ。
毎日祭りだったような感覚が残っています。
ここから少しずつ、ネギま!だけに限らず、いろいろなサイトを見るようになり、こちらの世界へ段々と足を踏み入れていくことになります…


だんだん本編にも興味が出てきます。
そんな時、マガジンの巻頭のピンナップにネギま!のカレンダーが付く号があることを知り、初めてマガジンを買いました。
2005年の38号だったかな?だとすると105時間目のようですね。
これがネギま!読者としての始まりでした。

実は、この時すでに夏美の出番が無い状態に入っていたんですよね…
なのになんでこの後夏美を好きになっていったかというと…
アニメ1期のDVD買っていたんですよね(^^;)
なぜ買おうと思ったのかは覚えていませんが、それだけ当時はネギま!にハマっていたんでしょうね…。
アニメを見ていてだんだん好きになっていったようです。何が起こるか分からないですね。


色々ネギま!サイトを見ていて、元ハピマテ運動のスレにいて、本編を読んでいて、だんだん自分もサイトを造りたくなってきました。
どうやらブログというものがやりやすいらしい、それならブログをやってみたい…
そう思いながらネギま!サイトを見ていると、ネギま!を扱っているブログはfc2が多いなあ、なら自分もそこかな…
そんな時、4月3日、「じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~」を見ていた時、突然ビビッと来ました。
なぜそこだったのかは分かりませんが、fc2でブログを作るための情報を探して、一気に準備して…
そして、4月4日についにブログ設立!

私のHN「じあ.CY」が出来たのはちょっと前の2月ごろ、
りんかいるさんの「Vv,Sm」で記事にコメントを残す時に、急ごしらえで作った名前なのです(^^;)
この名前でネット活動するとは、思っていたのかなあ…?


初めて書いたネギま!の感想は131時間目なのですが、
この時の1日のアクセス数は「6」でした(´・ω・`)
他の日は「2」とか「1」でした…
もしこのままだったら、私はきっとブログやめてました…
そんなだったのが、133時間目の感想を書いた時、白露さんの「hakuro.info blog」に捕捉されて、アクセス数が20以上にまでなったんです。
そこからがネギま!ブログとしてのスタートのようなものです。

それから、毎回の感想や他のネギま!記事が楊さん楓さんなどに捕捉されていくのですが、この頃はネギま!サイト、多かったですよねえ(^^;)
感想をトラックバックするという文化がありましたが、私もいろいろなところにさせていただき、また、たくさんしていただきました。
ニュースサイトを通してたくさんのネギま!サイトを知っていきました。
この頃は本当にネギま!ネット界は盛り上がっていました。

そんな中で、私も調子に乗って色々記事を作りました。
といっても、私は文章力が無いので、データ収集メインでしたが。
そうした記事がニュースサイトに補足されて、普段よりアクセス数が上がったりすると、それ目当てではなくても、やっぱり嬉しいものがありました。
いわゆる大手の目に留まったりしないかなあと内心では思いつつ記事を作り、たまに捕捉されてすごい数になった時はドキドキしたものです。
中でも一番すごかったのはこれです↓
ネギまキャラ達が初めてパンチラしたあの瞬間
実は、この記事は実験も兼ねていたのですが、大変なことになりました。
いわゆるKKG御三家を制覇し、1日のアクセス数が1万7千位いきました(^^;)
これはたとえ、またブログ活動が活発になったとしても、もう二度と無いだろうなあ。


ブログ間の交流とともに、mixiに、さらに元々はじっぱ~さんが立ち上げた「ネギま!SNS」にも参加しました。
そこでは、私にとってまさに雲の上のような方たちとも交流をさせて頂きました。
この、ネギま!SNSの登場によってネギま!ネット界がだんだん弱まっていったという話もありますが、それは別の話ということで…


残念なのは、実地のイベント(大麻帆良祭とか図書館島の休日とかネギのお茶会とか)に一切参加できなかったことです。
これは、住んでいるところが東京から離れた田舎で、たいした資金もなかったからしょうがないことではありますが、残念だったなあ(´・ω・`)


サイト界はそんな感じでしたが、ネギま!本編はというと…
私が読み始めたのはまほら武道会中盤からです。
読み始めてから武道会が終わるまでの間、夏美の出番は113時間目に1コマのみ。
武道会が終わったあと、夏美の出番を心待ちにしていたけど、出番は無く、
138時間目には、あるはずだった夏美の主役話が無くなったことが明らかになり、その穴埋めとしてパンチラさせられました(´・ω・`)
このことは、作者が当時の日記で自ら明らかにしていました。
これはショックを通り越して怒りが沸きましたよ…
その後もほとんど登場コマは無く、麻帆良祭は終了。
そして第一部巻。
夏美以外のことに触れていないけど許して(´・ω・`)

第二部、魔法世界編。
175時間目に3ページだけ、念願の主役回がやってきました(`;ω;´)
その後、19巻でついに裏表紙を飾りました。

そして、夏美の待遇に大きな変化が起こりました。
魔法世界行き御一行に紛れ込んてしまったのです。
これによって、なかなか出番に恵まれなかった夏美に日の目が!
魔法世界で小太郎(達)と再会した夏美は、絵に描いたような(って絵だね)ツンデレを披露していきます。


それは本当によかったのですが、本編の感想記事は、だんだん書きたいことが減っていきました。
そして、222時間目を以って感想記事が途絶えてしまいます。
実は、223と224時間目の感想は書いてはいたのですが、お蔵入りにしてしまいました。
まだ一応その後も読んでいたはずです。
が、内容をよく覚えていない…
どこまで読んでいたんだろう…
ちょっとコミックを見返してみよう。。
どこからにしよう…魔法世界に旅立つ184時間目からでいいかな…

…読み返していてやっぱり、魔法世界に行ってから、こういうのが読みたかったんじゃない、という展開が所々出てくる…
198時間目の(一瞬だけど)戦闘本能化とか、
205~209時間目で習得した闇の魔法とか、
222時間目のネギとフェイトの罵り合いとか、
そういうのに目をつぶれば、一応面白いけど…なんか違う…
やっぱり私はネギま!にバトルは求めていなかったということなのか…。
束の間の休憩みたいに入るラブコメにほっとする(*´ω`*)

…調子に乗って読み進んでいたけど、どうも226時間目からまったく心当たりが無い…つまり読んでいないようです。
感想は一応224時間目まで書いていたんだから、ほぼ直後じゃないか。
コミックの方は、買ったまま放置していました…


ということで、このあたりを境に、私はネギま!から遠ざかってしまいました。
今考えると残念なことをしていたかもしれないですが、当時はそんな気持ちだったのでしょうね。
その後もしばらくはニュースサイトは回っていましたか、それもすぐに途絶えてしまい、mixiやネギま!SNSも見なくなってしまいました。
ブログの更新が停滞している間も地味にアクセス数は増えていて、(検索の分も多いですが)ちょっとでも期待していた方がいたら申し訳なかったです。

それでも一時的に戻った時がありました。
262時間目です!
これが何の話かというと、夏美がついにパクティオーしたんですよ。
何で知ったんだろう…どこかで聞いたんでしょうね…
262時間目いい話だなあ(*´ω`*)
しかし感想は書きませんでした…。
感想の書き方ぜんぜん覚えていなくて…
…そのまま読んでいたところ、29巻、戻って28巻の話には見覚えがありました。
いつの間にコミック読んでいたんだろう…。

一気読み返し疲れた…

その後は、300時間目も、噂を聞いてマガジンを買いました。
ネギま!「ではなく」ラブひなのカラー掲載があった時ですね。
あれはがっかりしたなあ。
ラブひなが好きだった人には嬉しかったでしょうけど、私は興味無かったので…
でも買ったんです…負けた(^^;)
それはともかく、続けて301時間目(夏美のアーティファクト披露の回)も読んでいたぽいです。


時が流れて2ヶ月前、2/8にニコニコ動画に流れたニュースで、魔法先生ネギま!が終わることを知りました。
ですが、その時の352時間目が載っているマガジンは買わなかったんですよね…これにはやや後悔があります。
353時間目のマガジンは買いました。しかし、事前の情報が少なすぎて、話の流れをちゃんと理解できませんでした…。
354時間目は、前後を考えずその話だけなら理解できるけど、感想は書きませんでした。
そして最後の355時間目。すごかったですねえ(^^;)
もし、ここまでずっと欠かさず追い続けていて、最後に見たのがこれだったらどうしていただろうか。
キーボードクラッシャーか、総統閣下か…

ということで、急遽ネギま!ネット界に戻ってきたのですが、活動しているネギま!サイトはずいぶん少なくなってしまっていました…。
放置になっている、閉鎖されているところは多数、活動はしているけど、完全にネギま!からは離れていたり…
それでも、今でも昔のように活動しているところもあって、感動もしました。


魔法先生ネギま!は最終回を迎えましたが、我々の心には残ります。
あのぶっ飛ばしENDのせいで、悪い意味で心に残る人だっているかもしれません。
ぶっ飛ばされた空白をがんばって想像する人だっているかもしれません。
私の場合はまず、遠ざかっていた期間の話をコミックで読むところからだ…

ネギま!はまだ終わりません。少なくとも5月予定の38巻が発売されるまでは。
そこで何か驚きのニュースが発表されたりしないかなあ…
スピンオフとか続編とか新作とか。
夏美の小太郎をたずねて三千里とか、どう?( ゚д゚ )


もしネギま!を知らなかったらどうなっていただろうか。
元々こちら(オタク)の気はあったものの、田舎の住みということもあって、積極的に情報を得てはいませんでした。
それがたまたまハピマテ運動を見かけたばかりに…
ネギま!のニュースサイトが補足したページの別の記事とか、ネギま!も扱うニュースサイトの他のニュースとか、それに偶然自分で見つけたものもいろいろ…
いろいろ知ってしまって、手がつけられなくなってしまいました(予算とか時間とか)。
でも、どうせ(この世界を)知るのだとしたら、このタイミングでよかったのかも?

ネギま!を通して知ってしまったものの代表的なものが「深夜アニメ」です。
田舎の民には、深夜アニメなんてまったく、あるいはほとんど無し、さらにテレ東夕方ものもあまり無し。
そんなものに興味を持ってしまったら最後、指をくわえて羨むしか無しです。
ネギま!を知った当時はそんな状態でした。
しかし今では、ニコニコ動画なる動画サイトがアニメ配信を多数取り付けたり、「BS11」なる放送局が積極的なアニメ放送を始めたり、田舎の民でもそこそこ多くのアニメの視聴が可能となっています。
いい時代になった…


時代は変わっていきます。
でもネギま!は何も7年(と5ヶ月)も時代飛ばさなくても…
いつかまた、赤松先生が新時代の作品を作ってくれることと期待しています。
ネギま!の終わり方はある意味新時代かもね…そんな新時代は嫌ですが(^^;)
期待していますよ。本当ですよ?
でもその前に、ネギま!の続編かスピンオフか何かやってほしいなあ、やっぱり。

あんな終わり方でお疲れ様とは言いたくないところだけど、赤松先生、お疲れ様でした。
次回作では、ちゃんと物語を完結させることを願っています。
長い間ネギま!を追い続けたネギま!サイト界、およびネギま!も扱ったサイトの方々、お疲れ様でした。
ネギま!を通して私と関わりを持ってくださった方々、ありがとうございました。
ネギま!との思い出はプライスレスです。
私はネギま!を通して得た経験をもとにこれからも生きていきます。




魔法先生ネギま!は永久に不滅です!

長い間皆さん本当にありがとうございましたm( __ __ )m

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
■「いつかは何かがある」さん「魔法先生ネギま!と出会った私」 魔法先生ネギま!と出会った私 | いつかは何かがある ネギま!の思い出についてとのこと! うわー懐かしい話がたくさん^^;ww 『...
2012/04/05(木) 06:17:36 | ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。